電話回線比較~NTT加入電話・ひかり電話・おとくライン オススメはどれ!

NTT加入電話・ひかり電話・おとくライン 格安でお得なのはどれ!

基本料金&通話料の安さなら「ひかり電話」!

起業してオフィスを持つ、あるいは新店舗の開店の際、欠かせないのが固定電話の設置ですね。企業登記にしても、また名刺やチラシの作成にしても電話番号がすぐに必要になります。

一般的にはNTT加入電話を設置しますが、毎月の基本料金や電話料金をできるだけ安く抑えたい、あるいはインターネットも同時に引きたいということがありますね。

そうした場合は、ひかり電話にするという選択肢もあります。ひかり電話はNTTフレッツ光やauひかりが提供しています。ひかり電話の開通については、ひかり電話単独では申し込めませんので、NTTフレッツ光やauひかりのインターネット回線の契約が同時に必要になります。

ひかり電話の毎月の基本料は500円(税抜)、通話料は全国一律8円/3分とお得ですが、別途インターネット回線の費用がかかるということになります。

また、「おとくライン」というソフトバンクの固定電話サービスもありますが、こちらは毎月の基本料金が2,350円~、通話料が3分7.9円で、 NTT加入電話より、基本料や通話料が安く抑えられます。

電話回線比較で、ひかり電話が総合満足度№1!

固定電話というとNTT加入電話、ひかり電話、おとくラインが代表的なものですが、それぞれ一長一短があります。ひかり電話は、火災などによる停電事故が起きると使用できないこともあります。もちろん、ふだんは問題ありません。

そうした満足度を調べた一つの指標があります。NTT加入電話、ひかり電話、おとくラインを、それぞれ、月々の基本料金、低コストな通話料金、充実したサービスなどで比較すると、月々の基本料金がでは、ひかり電話、おとくライン、NTT加入電話の順になります。低コストな通話料金では、おとくライン、ひかり電話、NTT加入電話の順になります。

また、充実したサービスでは、ひかり電話、NTT加入電話、おとくラインの順になり、総合満足度ではひかり電話がランキング1位についています(ヒカリ電話ドットコム調べ)。ひかり電話の基本プラン以外に、ニーズに合った料金プランも人気の理由の1つになっています。

今や、あらゆる情報がインターネットを介して入ってきます。そうすると、固定電話の設置の際には、やはりインターネット回線の導入も考えたいですね。その点、ひかり電話は同時にインターネットも利用できますから、とても合理的といえます。

NTTフレッツ光で、ひかり電話がご利用いただけます
ひかり電話を利用するためにはNTTフレッツ光(フレッツ 光ライト/フレッツ 光ネクスト/Bフレッツ)の契約が必要となります。フレッツ光(光ファイバー)を引くとインターネットの利用も可能です。只今、NTTフレッツ光の新規申込みでキャッシュバックキャンペーン中です。

ひかり電話の詳細・申込みはこちら >

ひかり電話なら~基本料、通話料がこんなにお得!
月額基本料:500円(税抜) 通話料:全国一律3分8円(税抜)
企業オフィス、店舗にも、ひかり電話がお得!
ひかり電話の詳細・申込みはこちら >

auひかりでも、ひかり電話がご利用いただけます
auひかり電話を利用するためにはauひかり(光ファイバー通信)の契約が必要となります。auひかりは、最大1Gbpsの超高速通信です。動画の閲覧など、大容量のダウンロードもスムーズ!只今、高額キャッシュバックや大幅割引など様々なキャンペーンを実施中です。

おとくラインは、ソフトバンクの電話サービスです
おとくラインはソフトバンクの格安固定電話サービスです。NTT一般電話とほぼ変わらないサービスで、NTT一般電話に加入する際に必要な施設設置負担金の必要もなく、基本料金も低く抑えられています。